痛いときは伝える

エステで施術を受ける際に、いくら最初のうちは痛みが伴うものだとわかっていたとしても、耐えられないほど辛い状況をずっと我慢しているのはストレスになるもの。
ある程度の耐えられる程度の痛みであれば我慢しておきたいところですが、どうしても辛いと感じたら、素直にスタッフの方に伝えてみましょう。伝え方をきちんとすれば、スタッフの方に嫌な思いをさせることもありません。

たとえば、「少し力を弱めてもらうことはできますか?」と言ってみましょう。痛いということをそのまま言うよりも、少し弱めにやってほしいですと伝えた方が柔らかく相手に伝わるはずです。
始める前に、「以前整体でマッサージを受けた際に痛みを感じやすかったので、少し弱めにお願いしたいです」などと伝えてみるのも良いかもしれません。前の経験をもとに、できればこうしてほしいという要望をあらかじめ伝えておけば安心です。

施術をしてもらっている時に、「痛い」というのは失礼なのではないかと思い、どうしても言うのを控えてしまう方も多いと思います。しかし、辛い思いをしながらずっと続けているのはストレスがたまる一方です。ストレスなく通い続けるためにも、本当に辛いと思った際には、勇気を出してスタッフの方に伝えてみるようにしましょう。